【求】本性の私

ズボンの丈を短くして裸になった気になっていた

 

私はこのブログもそうだが、自分の恥ずかしい部分を晒すことができると思っていた。

 

自分の中でも、多少恥ずかしいなと感じる部分や、出すかどうか迷う部分をさらけ出すことに、一種の芸術性があると思っているし、共感が生まれることがあると思ってるし、親近感が沸くとも思っている。

 

だから、その瞬間の感情を陶酔した言葉で表現するこのブログを更新していて、失恋したことも、弄ばれたことも、上手くいかなくて落ち込んだことも、上手くいきすぎて調子に乗っていることも、クセも、文章の拙さも、そのまま表してきた。

 

ただ、これは、自分の服の袖や裾をまくるようなもので、露出度は高くなっていっても、大事なところは下着すらも見せていないほど、分厚くガードしている状態だ。

 

別に私はプロの表現者を目指してないので、全てをさらけ出さなきゃいけない訳ではないが、下着すらも見せていないのに恥ずかしいことを晒した気分になっていることが、恥ずかしいと思わないのかと自分に問いたくなったのである。

 

 

私の本性を知る人はもう、もはや誰もいない。私でさえも。

話が少し変わって、例えが変わるが、私は自分がさらけ出せる恥ずかしい部分を自分の外に自覚している。

 

感覚で言うと、

眼鏡のように、自分の一部のようで一部でないもののような。

たまごっちのように、自分で別端末の自分を育てているような。

(この感覚がどれほど伝わったかは定かではないが、それも自分の表現力として進める。)

 

もし人に、何か精神的攻撃をされても、この、眼鏡やたまごっちが身代わりになってくれる。その場合、攻撃は本来の自分には当たらない。そうすることで、本来の自分を守ってきた。

それをずっとやってきている。

多分自分がこうやって物事をあれこれ自覚できるようになるよりも前のだいぶ幼い頃から。

 

そうして私は本当の自分を見失った。

眼鏡やたまごっちが本体になったけど、攻撃はどこにいるか分からない自分の身代わりだから食らわない。怪物になってしまった。

 

こんなふうになってしまったのは、大して心を開いてなかった友人から、本音で話してよって言われて、「本当の自分のフリ」をし始めた頃からだったかなぁ…。

 

~~~

 

きっと、もし本性が見つかったとしても、ちっさいイモムシみたいな本性なんだろうな。

本性の中には食った葉っぱくらいしか詰まってなくて、弱くて、気持ち悪いんだろうな。

 

でも、たまに、そんなイモムシみたいな本性に出会ってみたくなるんだよな。

このデカすぎる鎧はどんなイモムシが操縦してるんだろうって思ってしまうんだよな。

 

そして、きっと、この鎧を突破してイモムシを知覚させてくれる誰かを、鎧を日に日に強化させながら待っているんだよな。

自分も会ったことないから居るかどうかも大きさも分からないし、そのイモムシがもう死んでしまって中には何もなくなっているかもしれないけど。

 

多分。おそらく。メイビー。パーハプス。