手帳開くと、もう、1年経つなぁって。

一番に付き合っていた人と交際関係を解消して1年が経った。 彼は別れても割と話してくれるほうで、 私が就活で悩んだ時や、私の誕生日の時などに返信をくれた。 Twitterもまだつながっていて、たまにするよくわからないエアリプ風のツイートや、毎日のように…

断られ続ける日々

最近ひどく落ち込むことがあり、 それから1週間近く回復できていない。 向こうから会おうと言ってわざわざスケジューリングした約束が3件(1件は当日数時間前)キャンセルになった。 不採用通知も続々と来た。 中学生くらいからつるんでる腐れ縁のようなやつの…

面接が楽しかった話

今、内定は0、第一段の申し込んだ企業から不採用通知が続き、残り1社となった。今回の面接で最終面接で、今できる進んでいるものは全て終わった。 終わったといっても内定0なのでこれから、また、第二段、第三段と、会社見つけて説明会に参加して面接して…

CONCEPT LIFEを読んで

約一年間働いているバイト先から、最終面接の前の「常識力テスト」をきっかけに不採用通知が届いた。 仲良くしてくれているそのバイト先の上司のワタナベさん(仮)に報告したら、長文での励ましのお言葉と一緒にこの本をおすすめされた。 内容は私みたいな…

罪人より重い罪

アルバイトから帰る電車。 遅延かなんかでいつもよりもすし詰め状態だった。 三河島駅につき、ドアが開こうというその時、車内がどよめいた。 一人、また一人と恐る恐る車内から出ていく。そこでわたしは女性が倒れているのを認識した。 爆音のイヤホンから…

炭や灰は燃えてもなくなることはない

自分の役割ではない事象が起こったときに、消化不足を起こすことがわかった。 その場ではそれらしくそれなりに、いや、それ以上に振る舞うことができる。 車や一人になったときなど、自分のテリトリーに入ったときに、くつくつと煮えてくる。 そういう時、今…

書くことがないけどそれは良いことではない

最近、人との関わりが減って、作業も環境も新しいことが起こらないため、文章を書くタイミングがない。 細かいことは多少あるけど、140字もあればまとまってしまう。 このブログは、喜怒哀楽、恥、考、何かしらが高ぶったときに保存ツールとして使っている。…

このタイミングで強気な姿勢

バイト先の人から、明日の面接の激励をもらった。 受かっても、落とされても良かったと思う とか、 ありのままで拾ってもらえるところを探した とか、 途中で嫌になったらズームを切れば良い とか、 とにかく強気な言葉をたくさんもらった。 忘れてた強気が…

面接質問対応を考えてみた

自分を動物、食べ物に例えると? 動物なら犬。食べ物ならたまご。 犬。興味のあるものにまっしぐらで、懐いた人への忠誠心や共感力がある。興味のないことは見向きもしない。 たまご。個体として食べ方のバリエーション豊富で、他の食材と合わせると協調しあ…

自分を受け入れられたい

4人の先輩に履歴書の添削をお願いした。 一人一人違うところにちがう観点から FBを入れてくださった。どの先輩からもすごく有難い御言葉をいただけて、自分には足りないものを痛感し、助けてくれる先輩がいることに感動した。 その中の一人に、 「私の履歴書…

世界を変えたいが具体的になってきた

お母さんと働くことについて話した。 話していく上で自分の価値観で気付いたことがある。 私は大きな個性も小さな個性も同じ個性として捉えることができる世界を作りたい。 頑張っても平均的な行動ができない人や、人と仲良くすることがあまり好きではない人…

成長という言葉がキライだ

成長とはどのような状態を言うのか。 成長させるという言葉をよく耳にする。 部長が部員の成長を願ったり、先生が生徒の成長を願ったり、先輩が後輩の、社長が社員の、 その成長とは誰かの都合のいい型にはまるかどうかで決まっていくことを成長と呼んでいる…

地獄のなかで動く

企業説明会に参加して 企業側は良い面や就活生にとって「楽」に働ける、都合の良い面や理想的な面をアピールする。 怒らないだの優しい人が多いだの、緩そうなイメージを植え付ける。 その様子はまるで、吹奏楽部の勧誘みたいだ。 過剰なイメージ付与は本当…

明けなかった朝と妄想の夜

昨日の夜、ずっと放置されていた人と縁を切った。 まあまあ好きだっただけに切なさが募った。 放置されてるだけあって今回も返信が遅かった。でも優しくて、でもあっけなく別れを受け入れられた。 好きで切なくて悔しくて心臓がバクバクしてなかなか眠りにつ…

放浪の末、隠しコマンドを発見した

なぜだろう。 駄目になってしまったのは。 嫌いになってしまったのは。 充たされなくなってしまったのは。 本物ではないから? 過去の過ちのツケ? 私のせい? あなたのせい? 中学3年の夏、それは空が一番近くに感じた季節だった。手の届かない「大人」「…

あこがれのくやしさ

すごく気の合う素敵な人と出会った。 その人は私が努力して変化してきた私の姿を 自然にこなしてしまう人だった。 一言で表すと「空っぽ」だった アルミのような薄くて響く何も入ってないカラカラな缶みたいな人だった。 私はずっしり詰まった理屈という泥や…

ダニエルを見て

映画を見てきた。 すごく印象的なシーン(オブラートに包んだ) がたくさんあった。 私が恐怖を禁じる映画を今まで見た経験がなく、耐性がなかったこともあり、圧倒された。 最後になるにつれて結末は見えていた。 スプラッシュマウンテンの最前列に乗ってるみ…

2020年11月19日の下書き

元彼と将来の愛を誓いあった場所が工事によって修繕され、跡形なく変わってしまった。 無造作な階段やなんのためでもない土の上に落ち葉が落ちた広場、小汚ない池、小汚ないベンチ。 全てが想い出だった。思い出が全てだった。綺麗に変わってしまったら、な…

いたいのいたいの飛んでった

忘れていたこと 体力は10%以下になったらなにしても自分の力では戻ってこれなくなること 15%以上になれば勝手に少しずつ上がっていくこと 与えることで救われること いたいのいたいの飛んでいけ って誰かが言った時に、 私も言ってあげたいなとおもうこと 私…

アパシー

私は今めちゃくちゃ病んでいる。 思い当たるような具体的な苦痛の理由はないが、 なぜこのような感情になるのかはわかっている。 1つは季節や気候、社会の情勢など外部の環境によるものが悪化しているからだ。 乾燥は心の潤いまで奪っていく。冷えは心の熱…

おいぬさまを思い出す

今まで動物と触れあうことはそんなに多くなかった。 動物は苦手だ。言葉が伝わらないし、なのに私の心の奥の腹黒くて汚いところを見透かしているような目で私のことを見てくる気がして。 昔、散歩させてもらった犬がいた。 飼い主から聞いた情報では、認知症…

100年の恋の相手は恋だった

気持ちを注げる相手がいなくなって 気持ちが発散できなかった。 そんなときに彼と出会った。 別に彼じゃなくても良かったのかもしれない。 ただ、タイミングが良かった。 彼は恋の分身でおもちゃだった。 仲良い男友達はそれまでにもいたけど、 許したら始ま…

服についての記事を読んで

この記事を書いた背景 服についての個人の考えが書かれている読み物を読んだ。 批判や対抗をしたいわけでも、その読み物の著者に読んでほしいわけでもない。 ただ、その人なりの意見を読んだとき、考えさせられるものがあった。それだけだ。 そのため、「服…

ちょっと苦手な叔父さんの話

情けは自分に返ってくるから人のためじゃない 正月の親戚の集まりで叔父さんに言われた。 情けをかける大切さは実感し行動しているが、この言葉に違和感を覚えた。 返ってくるから優しくするわけではない。 私はやりたくて優しくしてるのだ。 恩を売ることは…

一年を振り替えって

今年をまとめると。 今年一年は「雑多」だった。 どこにも誰にも身を置くことなく、様々な人と様々なことをした。 とてもいい時間の過ごし方だと思う。 ウイルスという大きな障壁はあったものの、 あったからこその楽しみ方もできたし、 それがキッカケにな…

優しくなれない

私が私でなくなったとき 優しくなれない。 私が誰かに優しくされなかったとき 優しくなれない。 私が誰かに優しくされたいとき 優しくなれない。 私が誰かを優しくしなきゃと思うとき 優しくなれない。 私が私に 優しくなれない。 優しくない心で優しくする…

今年の私のクリスマスソング

苦いビールと切ない恋の歌が 私の心を潤わす 潤いすぎた体の水分が 瞳から頬へとつたう あなたは優しい人だから きっと振ってもくれない それが一番残酷なことに きっと気付いてないでしょう あなたの生活に私が入る隙がないのは 気づいてた 私の生活に「あ…

失恋はビールの味

今日のハイネケンはいつもより苦くて いつもよりっていうか、 まともにビールを飲んだことないけど、 すごくすごく苦くて 美味しかった。 彼を見つけるのにそんなに時間はいらなかった。 動きも服装も分かりやすいからすぐに分かった。 彼は手を伸ばせば届く…

君になりたい

最近、関西弁を話す関西圏の人ばかり気づいたら好んでいる。 想いを寄せる彼も当然含まれる。 しかし、そこで疑問に思ったことがある。 関西弁が好きだから彼が好きなのか? それとも、彼が関西弁を使ってるから、彼と同じ関西弁を使う人に彼を連想させて好…

気分が急上昇、急降下。

心の浮き沈みがジェットコースターのような1日があった。 私が想いを寄せる彼との唯一の共通である、二人が好きなアーティストが年内にライブすることを発表した。 彼もどうせ行くだろうから連絡を取った。 待っている時間は夢見心地だった。 年内に会うこ…